大西 嘉彦

  • 打田地区
    くわい、れんこん、原木椎茸、いちじく、漬物


    昨年の秋の夕ぐれ、もうそろそろ稲刈が出来る時季かなと
    田んぼを見回って、ふと異変を感じました。
    約5m四方ほどの稲穂が倒されています。

    そこに子供づれのイノシシが私と目が合い、
    親イノシシがググッグとぶきみな声を出し、
    私をにらみつけました。
    動物の本能でしょう。子供のイノシシ四匹が親の後に
    ひとかたまりになり、身を潜めました。

    親イノシシは60kgぐらいあるかと思います。
    あまりのするどさに私は一歩二歩と後ずさりました。
    すると大丈夫と思ったのか、ググッと親イノシシの一声で
    五匹の一家は一目散に山の中にと消えていきました。

    最近報道でよく耳にします人間の世界は
    親が子供に虐待死、死に追いやることを大変悲しく思います。
    動物の親は自分の身を犠牲にしてでも
    子供を守る気持ちをつくづく感じた夕ぐれでした。

    そこで諺(ことわざ)を思い出しました。
    「焼野のキギス 夜のツル」と、この訳おわかりでしょうか。

    私は小学校二年生の時、終戦を迎えました。
    それから二年ぐらい、食事も大変な時期でした。
    それでも自分が食せずとも、子供にはひもじい思いをさせない様に
    そだててくれた両親のことを思い出します。

    どうか人の命の大切さを大事にしてほしいなと、
    この年齢になりつくづく感じた秋の夕ぐれでした。

    (2015年2月号 ふれあい新聞「生産者の声」より)