森田 典子

  • 高船地区
    米、ポット苗


    近くに直売所がオープンし、
    正直私たちは、危機感を持ったのは言うまでも無い。
    でも、これをきっかけに皆んなが、
    それぞれ「やる気」「元気」を出したと私は思う。

    これからが又、はじまりの一歩で生産者にとって直売所は、
    消費者との距離が近く、声が聞け、喜ぶ顔も見え、
    そして生産意欲に加え「ボケ」防止にも大いに役立っている。
    朝早くから、待っていただいているお客さんを見ると、
    自分自身元気も出てくるし、今後一層全生産者品質で勝負するのみ。

    ちなみに私は、加工品(いなり、赤飯、草もち、おはぎ)を素朴で手作りの物を、
    ひと工夫も、ふた工夫も必要だという事を心得て、
    がんばっていこうと思います。

    今後ともふれあいの駅、末永く可愛がってください。
    よろしくお願いします。

    (2013年9月号 ふれあい新聞「生産者の声」より)