村雲 康伸

  • 普賢寺地区
    茄子、米、花、クレソン、せり


    親の代から正月用の松「大王松」を作っています。
    夏の間に枝をはらい、いい枝だけを残して11月くらいから切りはじめ、
    正月用として大阪の市場に出したり、ふれあいの駅で販売したりしています。

    今年からなすの栽培をし始めました。
    なすは思っていたより手がかかりたいへんですが、
    JAの方やふれあいの駅のなす栽培の先輩方にいろいろ教えて頂いて、
    なんとか6月より出荷できるようになりました。

    また、ふれあいの駅のいろいろな活動に携わることで、
    地域の事にも貢献出来たらと思い、
    普賢寺地域農を考える会の青年部を立ち上げ、
    老齢化に向かう地域農業の将来を考え、
    ほかに農業に携わる仲間とともに田んぼや畑を集約した、
    もうかる農業を目指してやっていきたいと思っています。

    (2013年7月号 ふれあい新聞「生産者の声」より)