辻尾 清一

  • 天王地区
    さんど豆、ごぼう


    私がふれあいの駅に出品させて頂き3年になります。
    生産者としてお米や野菜を出荷させていただけるのは、
    農業は素人同然の私に執って、両親はじめ諸先輩方の指導と自然のお陰と心より感謝しております。

    1月22日伊勢神宮に参拝し、農業館を見学した際、
    改めて稲作と日本の国造りや日本の文化の深い関係を知りました。

    伊勢神宮では春には種籾を蒔き、若苗を育てて神田に植えます。
    秋に収穫し神様にお供えをし豊作に御礼されます。
    この伝統が古代から現在に至るまで続いています。

    神事のほとんど全てが稲作と結びついているのだ!
    私も稲作、野菜作りを通じ大自然の偉大な働きに感謝しつつ、
    安心安全でおいしいお米、葉野菜、根野菜を生産、提供してまいります。
    どうぞよろしくお願い申し上げます!
                    
    (2012年2月号 ふれあい新聞「生産者の声」より)